茨城ふぁーぶるプランクトン記

アクセスカウンタ

zoom RSS 硬派と見せかけ実は軟派なワムシがいます

<<   作成日時 : 2010/08/31 21:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の記事で、ワムシには被甲という殻に包まれ、体が変形しないものと、被甲を持たず柔軟に体を変形させるものがいることを書きました。体を変形させるワムシは運動の際に常にその種独特の収縮あるいは匍匐運動などの変形運動をします。しかし、コガタワムシ科に属するワムシのなかには一見すると変形しない硬いワムシに見えますが、実はグニャグニャに変形するものがあります。遊泳中は硬い被甲を持っているように見えるのですが、水草やアオミドロのような糸状性藻類や微細なゴミが障害物となって行く手に立ちはだかるとき、この種のワムシは自在に体を変形させてすり抜けていきます。「なんだ、硬派かと思ったら、実は軟派だったのか。」そんな印象をうけます。

画像の閲覧は「茨城プランクトン写真記」(http://www1.odn.ne.jp/~aeh07490/)にアクセスを。記事に関するご意見、感想等ありましたら、こちらのサイトの掲示板にお願いいたします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
硬派と見せかけ実は軟派なワムシがいます 茨城ふぁーぶるプランクトン記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる