茨城ふぁーぶるプランクトン記

アクセスカウンタ

zoom RSS 微生物とは?

<<   作成日時 : 2010/09/28 18:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

まったく認識不足でした。これまで私は微生物というとウイルスとバクテリアだけと思っていました。ウイルスはDNAないしRNAでできた遺伝子がタンパク質の殻で覆われているだけの、きわめて構造が単純なもので、バクテリアは細胞核が明瞭ではなく、要するに微生物とは、明瞭な細胞核がないきわめて微細な生物のことをいうのだと思っていました。ところが、微生物の定義は大雑把にいうと顕微鏡レベルでしか観察することのできない生物のことをいうのだそうです。単細胞であってもれっきとした核を持つ原生動物はもちろん、多細胞動物のワムシまで微生物に含まれるそうです。というとミジンコなどの微小甲殻類はどうなのでしょう。小型種のミジンコは肉眼でも識別は困難ですが。しかし、まあ、あまりこだわらずにいきましょう。プランクトン(浮遊生物)という言葉でもそう厳密に使われているわけではなさそうですし。ツリガネムシなども通常は浮遊していませんし。とにかく私は自分のホームページであつかっているプランクトンの多くが微生物に含まれるのだ、ということを知って、新鮮な驚きを感じています。

画像の閲覧は「茨城プランクトン写真記」(http://www1.odn.ne.jp/~aeh07490/)にアクセスを。記事に関するご意見、感想等ありましたら、こちらのサイトの掲示板にお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
kumarisuさん お久しぶりです。

微生物やプランクトンの定義、悩ましいですねぇ。

おっしゃる通り、水田微小生物がプランクトンや微生物のカテゴリーに含めてもらえると、嬉しいですことですね!

水質浄化の分野ではメジャーなのですが、農学の分野では、まだまだ・・・。

農耕地では原生動物の一種が作物にとって有害な細菌やカビ(糸状菌)の運び屋として知られておりますので、今後に期待かも。。

その模様は想像も付かないことが沢山と思われますので、kumarisuさんの観察眼に今後も注目です!!!
いたちむし@飛行中
2010/10/03 21:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
微生物とは? 茨城ふぁーぶるプランクトン記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる