茨城ふぁーぶるプランクトン記

アクセスカウンタ

zoom RSS 葉緑体は緑色とは限らない

<<   作成日時 : 2011/06/26 10:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

植物は葉緑体で光合成を行い、その色は緑色というのは常識的なことですが、植物プランクトンでは、必ずしも、その常識はあてはまりません。珪藻や鞭毛藻類は(一部の鞭毛藻類を除いて)光合成を行う「植物」ですが、多くは黄色ないし黄褐色をしています。これは葉緑体に含まれる色素の含量のちがいで、緑色ではない葉緑体を持つためです。色は緑色ではなくとも、植物として光合成を行って酸素を作り出してくれます。緑色ではない植物というと、なんだか不思議な気がしますが、海藻などを思い浮かべると納得です。昆布は何色か?茶色っぽいですね。でも海中の重要な植物で、当然海の森林として、光合成を行っています。そして珪藻とは屋久島の巨大な縄文杉とその下を這い回るちっぽけな蟻はどのサイズの違いはあっても、昆布はなんと珪藻と同じ不等毛植物なのでした。

画像の閲覧は「茨城プランクトン写真記」(http://www1.odn.ne.jp/~aeh07490/)にアクセスを。記事に関するご意見、感想等ありましたら、こちらのサイトの掲示板にお願いいたします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
葉緑体は緑色とは限らない 茨城ふぁーぶるプランクトン記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる